桐朋学園小学校についての情報が満載

このサイトでは桐朋学園小学校についての情報を詳しく紹介しています。
毎年、沢山の子どもが受験をする非常に人気の高い小学校です。受験を考えている親御さんも多いと思いのではないでしょうか。
教育方針やカリキュラムの内容などはある程度把握することはできますが、実際に我が子に合うかどうかは分からない部分も多いです。
どのような校風なのかや教育において重視しているポイント、受験に合格するにはどうすればいいのか等を紹介します。

桐朋学園小学校の校風は?学校の特徴や雰囲気

桐朋学園小学校の校風は?学校の特徴や雰囲気 桐朋学園小学校は、国立市にある私立小学校です。情操教育に力を入れていて、自然に親しむことを大切にしています。
学習面では基礎学力を養うことを重視していて、通知表がないというのが特徴です。ただ答えを暗記するような教育とは異なり、考える力を養うことを大事にしています。
そういったこともあり、桐朋学園小学校は逞しい子供を育てる校風になっています。
運動場や雑木林で体を使ってめいいっぱい遊ぶようになっていて、心身を鍛えるのに最適です。
遊ぶことは子どもの集中力を高めたり、想像力を広げるのに役立ちます。そのためのびのびと学校生活を楽しんでいる子どもが多く、活気のある雰囲気が感じられます。運動不足によるストレスなどとも無縁です。

桐朋学園小学校の偏差値と学校の様々な特色

桐朋学園小学校の偏差値と学校の様々な特色 東京都国立市に存在する桐朋学園小学校の偏差値は57となり、5段階評価の4に該当します。東京都から文教地区に指定されている私立小学校で、児童数は428名となり、募集人数は男女合わせて72名となり、入学するには2日にわたってテストを受けなければなりません。
具体的には、1日目は巧緻性テストと製作テスト、2日目は行動観察テストとなり、巧緻性テストは与えられた材料で指示通りに制作し、製作テストはごみの後片付けもチェックの対象となります。行動観察テストに関しては、見本通りのルールで集団ゲームを行わなければなりません。
桐朋学園小学校の特色として、基礎学力を充実して情操を養い、心身を鍛えるとなります。
学力に関しては、観察カや表現力、構成力を必要とする日記の指導等を行っていますが、通知表は存在しません。
テストで点数をつけることはなく、基礎学力を定着させて問題解決の能力を発達させます。
情操については、大根等の栽培や、うさぎやにわとりを育てることができるよう環境を整えました。心身を鍛えることに関しては、最寄りの国立駅から学校まで15分歩くことで鍛えることができ、歩くことが主体の遠足も行います。
一人一人の子供の心の隅々まで行きわたる教育をモットーとしており、感受性や人間性を大切にしながら、学ぶことができるといえるでしょう。

桐朋学園小学校でおこなわれている年間行事のスケジュール

桐朋学園小学校では毎年さまざまな行事が決められたスケジュールに合わせておこなわれています。桐朋学園小学校で毎年4月の初めに開催されているのは入学式で、1年生送りをするのは5年生の役割です。
新入生を歓迎するための遠足も4月に実施されていて、昭和記念公園まで遠足をします。
4月には学校説明会も開催されているので、この学校に興味を持っている人は参加することもできます。
5月には防災訓練が実施されていて、プール開きも5月です。学校説明会は6月にも開催されていて、7月は個人面談や臨海学校などが実施されています。
運動会が開催されているのは毎年10月で、入学希望者のための入学試験は毎年11月に実施されるスケジュールです。
この学校に入学を希望している人は、この時期の受験に合わせて試験勉強をする必要があります。
1月に桐朋学園小学校で開催されているのは、国際理解教室です。3月には卒業遠足と卒業式がおこなわれています。

桐朋学園小学校に行く時に利用できるアクセス方法

桐朋学園小学校に入学を希望している人は、学校までのアクセス方法も調べておいた方が最適です。入学試験の時などに学校に行かなければいけない場合にも、自宅から迷わずに校舎まで行くことができます。
電車を利用して桐朋学園小学校に行く場合には、学校の最寄り駅を利用するのが便利な方法です。小学校の最寄り駅は2つあり、その1つはJR中央線の国立駅です。
国立駅は学校から見て北側の位置にあるので、駅の南口を出て南側の方角に移動します。駅の南側に伸びている大学通りという大きな通りを南の方向に直進して15分ほど歩けば、進行方向の右側に桐朋学園小学校の校舎があります。
一橋大学が通りの両側にある場所のすぐ南側が、小学校のある場所です。駅前からバスに乗って移動することもでき、「桐朋」のバス停を降りれば校舎はすぐ近くです。
もう一つの最寄り駅はJR南武線の谷保駅で、谷保駅は学校の南側にあります。
駅の北口から伸びている道路を北の方向にまっすぐ15分ほど歩けば、進行方向の左側に桐朋学園小学校の校舎があります。

桐朋学園小学校の3つの校風について解説します

桐朋学園小学校の校風は、大きく分けて3つあります。1つ目は基礎学力を充実させることです。児童一人一人の意欲を大切にし、思考力や想像力を養っています。
国語や算数、理科や社会といった基本的な教科の知識や技能を身に着ける目的は、問題を解決するための力の育成です。
また、日記の指導を通して観察力と表現力と構成力も育んでいます。2つ目は心身を鍛えることです。
桐朋学園小学校の児童は毎朝駅から15分間歩いて通学するとともに、ランニングや体操で身体を鍛えています。
さらに、遠足や水泳によって目標を達成しようとする強い意志が養われます。3つ目は情操を培うことです。
桐朋学園小学校は雑木林に囲まれているため、遊具で遊びながら自然と触れ合っていくことが出来ます。
野菜の栽培や動物の飼育、四季の変化のスケッチを通して、優しさや美しいものに感動する心が育まれていきます。児童会活動やクラブ活動から学年をこえた友情も芽生えています。

桐朋学園小学校の受験に必要となるポイント

東京都にある桐朋学園小学校は、2004年に設立をされました。桐朋学園大学の付属となっており、男女共学の小学校です。偏差値は63となっていることから、非常に難関な試験を経て合格を目指さないといけません。
ここでは簡単に、桐朋学園小学校の受験に必要となるポイントについて、解説をしていきます。2020年度の合格率は64パーセントとなっており、定員60名に対して450名の受験生が集まりました。
受験勉強で必要なのは簡単な計算、ひらがなの小テストです。さらに親子面接というものを桐朋学園小学校では採用をされているのがポイントになります。この面接が合否に大きく影響をあたえるので、お子さんだけでなく保護者もしっかりと対応をしないといけません。
1家族で10分間の面接となり、志望理由や学習スタイルについての質問もなされます。
合否は当日のうちに発表をされ、1次だけでなく2次も桐朋学園小学校では実施をして学生を募っています。

人気の小学校である桐朋学園小学校の歴史を知ろう

桐朋学園小学校の歴史は、1940年5月山下汽船株式会社からの献金を基にして、財団法人山水育英会が成立したことから始まります。
その後1941年山水育英会を母体に第一山水中学校及び山水高等女学校が成立します。しかし戦後間もない1947年4月財団法人山水育英会は解散を余儀なくされ、東京教育大学(当時の東京文理科大学・東京高等師範学校)に移管し、財団法人桐朋学園が成立します。
さらに1948年新学制により、桐朋中学校・高等学校と桐朋女子中学校・高等学校に編成されます。1951年(昭和26年)私立学校法により運営母体である財団法人桐朋学園は、学校法人桐朋学園が成立します。
1959年4月(昭和33年)男子部門の小学校として桐朋学園小学校は開校しました。
開校当時は6学年の編成ではなく、第1学年から第3学年までの3学年の編成となっていました。なお設立当時は、男子部門として開校しましたが現在は男女共学となっています。

桐朋学園小学校の偏差値と学校の様々な特色

桐朋学園小学校は、東京都国立市にある私立の小学校です。こちらの小学校は、1958年11月に設立された歴史ある学校でもあります。系列の中学校や高校や大学などがありますので、付属の学校への進学を考えているのであれば、小学校から桐朋学園小学校を選ぶのもよいかもしれません。
桐朋学園小学校の特徴は、多くの音楽家を輩出していることです。系列の桐朋学園大学院大学や桐朋学園大学には音楽専門のコースがあります。ピアノコースや弦楽器コースや音楽学コースなどが用意されており、本格的に音楽を学べる環境が整っているのが特徴です。卒業生の中には、ピアニストやバイオリニストとして活躍されている方も少なくありません。
将来的にお子さんを音楽家にしたいと考えている方、あるいはお子さんが音楽に興味を持っているのであれば、桐朋学園小学校の受験を検討してみてはいかがでしょうか。私立小学校なので、教育の質がよいという利点もあります。

コンクールの受賞歴を見て桐朋学園小学校に入学すること

音楽は人々に癒しと幸福感をもたらすものです。ある時はアクティブにポジティブな思考へと導いてくれることがあります。またある時には、悲しみや苦しみを癒し心の解放やメンタルケアを担ってくれることもあるのです。このような人間の心に良い影響を与える音楽を、職業に市人生を歩んでいきたいと思う人も少なくありません。
子供のころから音楽が大好きであると、それに特化した学校で専門的な授業を受けたいと思うのは当然です。そこで桐朋学園小学校など音楽教育に特化した学校への入学を検討する人も少なくありません。しかし入学前には、自分が演奏する楽器の教育にどれくらいの実績があるのか、卒業生がコンクールなどでどれくらいの受賞歴があるのか、講師や教師の経歴や実績などもよく見極めて桐朋学園小学校などの入学を決めることが大事です。入学を決意したなら、音大の付属小学校受験に特化した塾などを活用し、しっかりと受験対策を講じることが求められます。

桐朋学園小学校の卒業生はどんな職業についている?

桐朋学園小学校への入学を検討されている親御さんの中には、卒業生の進路が気になるという方も多いのではないでしょうか。桐朋学園小学校の卒業生の多くは、付属の中学校や高校へ進学しています。その後は、桐朋学園芸術短期大学や桐朋学園大学院大学や桐朋学園大学などへ進む生徒も多い傾向です。どちらも音楽などの芸術分野に力を入れている学校です。そのため、卒業生の中には音楽家の職に就いて活躍している人も少なくありません。ちなみに世界的指揮者として活動していた小澤征爾さんも、桐朋学園大学の出身です。
演劇専攻の卒業生の中には、役者やタレントとして活動されている人もいます。もちろん、一般の会社員や音楽講師などの職業に就く生徒もいます。教職課程を履修すると、中学校教諭一種免許状や高等学校教諭一種免許状が取得できるため、音楽教師の道を選ぶ生徒も多いです。桐朋学園小学校は、芸術関係や音楽関係に職業に就きたいと考えている方にとっては、お勧めの学校です。

桐朋学園小学校に合格したいなら面接試験対策を

桐朋学園小学校に受験を考えている人は、学校に合わせた受験勉強が必要です。生きる上での必要な技能を身に着けるということにコンセプトを置いた桐朋学園小学校は、安心して預けられる学校といえます。受験情報によると、男女合わせて72名であり、選考方法は言語や作業などを見て決めるそうです。そのために面接試験がとても重要なのが分かってきます。
倍率は大体7倍と、とても狭き門です。ただし受験勉強といっても、自然にありのままに通ってほしいという理念から、ペーパーテストと親の面接がないのが特徴といえます。親との面接が行われない理由として、子供を見れば親が分かるという方針から、あえて行っていないそうです。それほど子供に重点を置き、親でなく子供を見た教育が反映されている特徴といわれています。基準も他と違い、ガムテープを指でちぎるような手先が器用な子が合格したりしているそうです。ガムテープちぎり屋、牛乳パックの切り開くなども有効な対策となるといいます。

エスカレーター式に進学できる桐朋学園小学校

桐朋学園小学校を卒業した児童は、エスカレーター式に上の学校に進学することができます。桐朋学園小学校を卒業した児童の多くが進学しているのは、桐朋中学校・高等学校です。この学校では中高一貫教育をおこなっているので、桐朋学園中学校を卒業すれば、そのままエスカレーター式に桐朋学園高校に進学することができます。
桐朋学園高校では桐朋学園中学校から進学した生徒だけでなく、その他の中学校から高校受験により入学した生徒が、一緒に勉強しています。ですが、桐朋中学校・高等学校は男子校であるために、桐朋学園小学校を卒業した男子児童しか入学することができません。桐朋学園小学校は共学の小学校であるために女子の児童も一緒に勉強していますが、女子児童は小学校を卒業すると桐朋女子中学校・高等学校に進学することができます。この学校は中高一貫教育をおこなっている女子校です。高等学校には音楽科が設置されていて、高校と大学の7年間一貫教育をしています。

桐朋学園小学校に入学することにはメリットがたくさんあります

桐朋学園小学校への入学には、さまざまなメリットがたくさんあります。
まず第一に、高い教育水準が挙げられます。
同校は長い歴史と優れた教育プログラムを持ち、優秀な教師陣が一人ひとりの生徒の成長をサポートします。
これにより、基礎学力はもちろんのこと、批判的思考力や創造性も育まれます。
桐朋学園小学校は豊かなカリキュラムを提供しており、音楽や美術、体育などの幅広い教育領域に触れる機会があります。
これによって生徒たちは多様な才能や興味を発見し、個々の個性を伸ばすことができます。
国際的な環境がある点も魅力です。
異なる国や文化からの生徒たちと交流する機会があり、国際的な視野を広げることができます。
これは将来の国際社会で活躍するための重要な経験となるでしょう。
桐朋学園小学校の入学には、進学のステップとしても大きなアドバンテージがあります。
同校の名声や教育の質は、中学校や高校への進学においてもプラスとなり、優れた教育基盤を築くことができます。
桐朋学園小学校への入学は、高い教育水準、豊かなカリキュラム、国際的な環境など、多くのメリットを提供しています。
生徒たちはそこで充実した学びの経験を積み、将来に向けて確かな一歩を踏み出すことができるでしょう。

桐朋学園小学校に我が子を入学させる有名人は多い

桐朋学園小学校は、その高い教育水準と豊かな学習環境で知られており、多くの有名人が我が子を入学させています。
芸能界、スポーツ界、文化界など、様々な分野で活躍する人々が、その子供たちに良い教育を提供するために選ぶ学校として注目されているのです。
ここ数年桐朋学園小学校に我が子を入学させる有名人が増えています。
その理由として学校の教育方針やカリキュラムが子供たちの成長を総合的にサポートし、才能を伸ばすためのプログラムが充実していることが挙げられます。
学園内の施設や設備も充実しており、学びの環境が整っている点も魅力とされています。
有名な卒業生や在校生の親として、芸能界からは俳優や歌手、スポーツ界からはアスリート、文化界からは作家やアーティストなど、幅広い分野で成功を収めている人々が挙げられます。
彼らは自身の経験を通じて、子供たちに将来の可能性を広げる教育を提供したいと考えているようです。
こうした存在は、桐朋学園小学校の名声を高める一因となっています。
一方で、一般の保護者も子供たちの将来を見据えてこの学校を選ぶことで、多様な価値観や才能が交差する学び舎としての役割を果たしています。

桐朋学園小学校は姉妹校の間で交換留学も実施する

日本で最初に誕生した私立小学校、それがどこかご存じですか。
正解は東京にある桐朋学園小学校で、1890年に生まれました。
いまでも都内有数の名門として名高く、大学まで存在をしているのがポイントです。
これから我が子を通わせたいという親御さんも多いでしょうが、いったいどんな魅力を備えているのかをご紹介しましょう。
もっとも顕著なのが、桐朋学園小学校と姉妹校提携をしている学校との間で、交換留学を実施している点です。
国内なら3つ、アメリカ・イギリスで4つとなっており、まさに国際色豊かな校風といえます。
姉妹校の場合、大学も優先的に入学ができるようになっているのも魅力です。
東北の名門校に進学なさる方も多く、受験に対しても大きな強みを持っているのはいうまでもありません。
桐朋学園小学校は偏差値が70以上となるので、お子さんを受験させる際はかならず幼児教育をしっかりとおこなって、塾に通わせておかないといけません。

不祥事とは無縁な芸能人を育成する桐朋学園小学校

最近、若い世代の間で芸能界の仕事に憧れを抱く方が多くなりました。
赤ちゃんの頃からモデルをしているという場合、親の希望で子役にもなるのが主な特徴です。
学業と仕事を両立させるには、特別な学校に進学をさせるのもまた親の務めです。
どこがいいのかと悩んだら、桐朋学園小学校をおすすめしましょう。
全国でも数少ない芸能コースを有している小学校で、いまでは国民的な著名度を誇っている芸能人もたくさん輩出をされてきました。
桐朋学園小学校のどこがいいのか、簡単にここで説明をしていきましょう。
まず、不祥事を起こすタレントが一切いないというので有名で、しっかりと子供時代から倫理観の教育をおこなっているのが伺えます。
桐朋学園小学校の校訓では、自分よりも他人を愛するという言葉があり、仕事をくれる方々に毎日感謝をすることも大切と言われてきました。
不祥事とはその愛を裏切る行為であり、桐朋学園小学校の教えをしっかりと守っています。

外国語の授業もおこなっている桐朋学園小学校

桐朋学園小学校では外国語の授業もしています。
この小学校で教えているのは英語です。
1年生から6年生まで、全ての学年で英語を教えています。
授業の回数は学年によって異なり、一週間に1回だけ授業をしているのは、1年生から4年生までのクラスです。
5年生と6年生のクラスでは、週2回英語の授業をしています。
桐朋学園小学校でおこなわれている英語の授業の特徴は、外国語を使用したコミュニケーションを重視していることです。
生徒がコミュニケーションを楽しみながら英語を学べる学校です。
桐朋学園小学校では、異なる学年の児童が共同で英語の授業をおこなうこともあります。
低学年の子供と高学年の子供が一緒に授業をすることもあり、年齢の離れた子供同士で英語のコミュニケーションをしています。
高学年の児童が低学年の児童のために英語で読み聞かせをすることもあります。
こうした授業をするために高学年の児童は、事前に多くの準備をしています。

おすすめの桐朋学園小学校情報サイト

桐朋学園小学校

桐朋高校の卒業生の答辞、すごいよなぁ。本当に。 なんというか、慶應高校の子もそうだが、甲子園だとか、受験勉強だとか眼中にない感じがすばらしい。

5月12日

-->